【世界名作劇場】イタリア文化会館にて小田部羊一と「母をたずねて三千里」展が開催されますよ

1衛星軌道中立帯@はやぶさφ ★2016-11-18 22:09:52

「母をたずねて三千里」はイタリアの少年とその家族の物語を、日本の誇る最高のクリエーター

集団が52本のシリーズ物として発表し、大人気となったテレビアニメーションです。その中で重

要なスタッフとして活躍したのが、キャラクターデザインおよび作画監督を務めた小田部羊一氏

です。本展では彼の創作を中心に、制作に使われたアニメーション・ドローイングや、宮崎駿氏

によるレイアウト、高畑勲監督による絵コンテ、椋尾篁美術監督による背景画など多彩な資料を

展示して、いまなお世界に注目されている本作品の魅力の源泉をさぐります。

【関連企画】

会場:イタリア文化会館アニェッリホール 各日16時30分開演(開場16時)入場無料(要申込)

12月10日(土)

トーク:小田部羊一(作画監督)

【作品上映】「母をたずねて三千里/第1話いかないでおかあさん」

長年の活躍に対して2015年第19回文化庁メディア芸術祭功労賞が贈られたばかりの小田部氏をゲ

ストに招き、本作の舞台裏の話をお聞きします。作品中のマルコ、フィオリーナなどメインキャ

ラクターだけでなく、イタリアそしてアルゼンチンに渡ってからの全ての登場人物を小田部さん

は創り出しました。また作画監督として生命感あふれる「動き」の創造に力をそそいだのです。

12月17日(土)

トークイベント:高畑勲(監督)

【作品上映】「母をたずねて三千里/第2話ジェノバの少年マルコ」

脚本家深沢一夫氏と共に、掌編を原作として1年間続く52本のシリーズとして(いわば26時間の

長編として)編み直したのが監督の高畑勲氏です。"イタリア・ネオリアリズモ"の影響を受けて

制作されたという本作で、スタッフがジェノバの少年に懸けた想いをお聞きします。

12月18日(日)

ジャズ・コンサート:中村力哉 Life is now trio 「MARCOとイタリアンシネマの名曲」

【作品上映】 「母をたずねて三千里/第8話ゆかいなペッピーノ一座」

いまや気鋭のトリオとして最も注目を浴びている中村力哉Life is now trioが、イタリアンシネマ

の名曲をジャズにアレンジして贈るコンサートの夕べです。編曲・演奏するのは、ジャズピアニ

ストとして活躍する中村力哉。東日本大震災を機に被災地に伝わる唄をアレンジしてYouTubeに

公開するプロジェクト「ひと粒のちから」をスタートするなど、その活動の場を広げています。

2015年、ユニット名「あわいびと」として、CDアルバム「ひと粒のちから 〜 里景色 〜」をリ

リース。

近年ではベースの西川輝正、ドラムの秋葉正樹という実力派と組んでこのトリオを結成、世界の

アニメーション作品の名曲をアレンジした「プレイ!ザ・ミュージック・オブ・アニメーショ

ン!! 」を公演し、絶賛を浴びています。(そのアルバムが本年11月にリリース決定)

お申し込み方法:件名を「開催日時+題名」として、お名前(読み方ローマ字表記)、電

話番号、参加人数を明記の上、メールにて eventi.iictokyo@esteri.it までお申し込みください。

主催:イタリア文化会館

コーディネーター:イラン・グェン

構成:なみきたかし

後援:イタリア大使館

協力:日本アニメーション株式会社、アニドウ、日本アニメーション文化財団

インフォメーション

開催日: 開始日 2016 年 12月 02 日 終了日 2016 年 12月 22 日

時間: 11:00 18:00

主催 : Istituto Italiano di Cultura di Tokyo

入場 : 無料

ソース・イタリア文化会館

マルコの世界 小田部羊一と「母をたずねて三千里」展

5なまえないよぉ〜2016-11-18 22:43:51

アルゼンチンも国民的アニメなんだよな

6なまえないよぉ〜2016-11-18 22:46:30

このアニメは本当に中南米をよく描写できてるから素晴らしい

15なまえないよぉ〜2016-11-19 00:42:55

>>6

原住民とイタリアからの出稼ぎ民とスペイン移民の貧富の差をサラッと描いてるのが凄い

説明されなくても分かる

16なまえないよぉ〜2016-11-19 02:13:00

>>6

なんだこれ!豊田有恒が「あのお涙頂戴の引き伸ばしには腹が立つ!」とか言ってたらしいけど原作のまんまじゃん

8なまえないよぉ〜2016-11-18 22:53:27

そういう時代もあったんだろうがアルゼンチンに出稼ぎっていうのがいまいちピンと来ない

言葉の響き的に「ペソ」ってなんかしょぼいお金っぽそうだと思って見てた

12なまえないよぉ〜2016-11-18 23:09:06

>>8

17なまえないよぉ〜2016-11-19 05:15:46

>>8

20世紀初め辺りのアルヘンは海外からの投資が半端なくて超金持ちだった

ちょっと前のアイスランドみたいなもん

まぁ所詮あぶく銭だったから後世に金持ちイメージ残るわけないんだよな

28なまえないよぉ〜2016-11-21 11:47:40

>>8

アルゼンチンは先進国から後進国に転落した唯一の例と言われているんだ

9なまえないよぉ〜2016-11-18 22:59:36

元ネタはとても短いらしいんだが。

11なまえないよぉ〜2016-11-18 23:08:33

>>9

ほれ

hhttp://www.aozora.gr.jp/cards/001048/files/45381_18751.html

13なまえないよぉ〜2016-11-18 23:16:15

>>11

ほんとに短くて草

ありがとう

19なまえないよぉ〜2016-11-19 13:12:20

>>11

短かっ!

33なまえないよぉ〜2016-11-21 19:48:24

>>16

引き延ばしには違いない

原作はクオーレ物語の単なる一エピソードで一年もやるネタじゃないもの

22なまえないよぉ〜2016-11-20 14:03:08

高畑パヤオの最高傑作だと個人的に思ってるよ

富野もいい仕事してるはず

23なまえないよぉ〜2016-11-20 21:05:35

富野?何で?関係あんの?

34なまえないよぉ〜2016-11-21 19:50:35

>>23

コンテ書いてはパヤオに丸ごと修整食らってただろ

24なまえないよぉ〜2016-11-20 22:16:35

富野監督は赤毛のアンとかに参加したりしたらしいな。

コンテ1000本切りとかやってた頃。

40なまえないよぉ〜2016-11-23 02:12:22

花の子ルンルンのOPの「ルンルンルルルルンルン」ってとこのハモリが美しくて好き

42なまえないよぉ〜2016-11-24 02:39:50

>>40

大杉久美子?

45なまえないよぉ〜2016-11-28 17:03:49

>>42

いやオボッチャマ君

46なまえないよぉ〜2016-11-28 21:59:42

hhttp://www.iictokyo.com/eventi/

12月10日(土)

トーク:小田部羊一(作画監督)

【作品上映】「母をたずねて三千里/第1話いかないでおかあさん」

12月17日(土)

トークイベント:高畑勲(監督)

【作品上映】「母をたずねて三千里/第2話ジェノバの少年マルコ」

すげえ行きたいけど、一ヶ月切ってから知ったからもうスケジュールが空かない

誰か行ってくれ

49なまえないよぉ〜2016-11-29 09:48:29

旅立つまではイタリアの街並みとかあったじゃん

50なまえないよぉ〜2016-12-02 01:59:34

アルゼンチンでしかも田舎でイタリア語って通じるもんなの?

54なまえないよぉ〜2016-12-02 17:16:54

>>49

1クール目はジェノバでの日常を描いてた。

>>50

スペイン語とイタリア語って結構似てる。多分イタリア人ならなんとかなる

100年位前の日本の東北とか九州とかのバリバリの方言の社会に入っても何とか会話ができるのと同じようなレベルと思う。

アルゼンチンには大量にイタリアから移民が入ったから当時ならイタリア移民1世もたくさんいたはず。

作品中もマルコはイタリア移民たちにずいぶん助けられてる。

55なまえないよぉ〜2016-12-03 03:48:07

>>54

確かにぺっぴーの一座には随分助けられてた

60なまえないよぉ〜2016-12-14 19:41:52

12月10日(土) どうだったんだろうか?